E’ una vita che ti aspetto 読了

【タイトル】E’ una vita che aspetto
【著者】Fabio Volo
【出版社】Mondadori
【ページ数】179
【日本語版】

Fabio VoloのE’ una vita che ti aspettoを読みました。

「死ぬのが怖い」と思っていた主人公は、「死ぬのが怖いのではなく、生きるのが怖いのではないか」と精神科医に言われて、友人、家族、仕事、禁煙、ガールフレンドのことなど身の回りのことについて思いをめぐらしていきます。ストーリーらしいストーリーがなく身辺雑記のような感じ。

以前読んだ同じ著者のIl giorno in piùでは、描写の仕方や描く世界がとても私好みだったので、この作家に対するハードルをちょっと上げすぎたかも。今回はIl giorno in piùほど入り込めませんでした。

それでも、日常の些細なこと、身近なことが文中にちりばめられていて「イタリア語ではこう表現するんだ」という発見がたくさんありました。

何カ所も印をつけたのですが、その一部をここに転記します。

La grande trappola del domani mi aveva fatto ancora prigioniero. Quante volte c’ero cascato. Domani farò, domani sarò, domani cambierò, domani dirò… domani, domani, domani. E di domani in domani mi sono trovato alla mia età.

(試訳)「明日」という罠はぼくをいっそうがんじがらめにした。何度この罠に落ちたことだろう。明日やろう、明日はそうしよう、明日変えよう、明日言おう、明日、明日、明日。そう言い続けてこの年になってしまった。

“La nostra amicizia è fonte di felicità. Luca”

Lo aveva già fatto altre volte. Mi mandava dei messaggini carini e pieni d’affetto, ma di persona non riusciva a dirmi quelle cose.

(試訳)「君との友情は幸せの源だよ。ルカ」

今までにも何度も彼はこういう短いが気持ちのこもったメールを送ってきた。顔を突き合わせて直接は言えないことを。

Il litigio più frequente da quando ero nato era quello sulle dosi di cibo nel piatto di mio padre. Lui diceva basta e lei gliene metteva ancora un cucchiaio. Non cambiava molto ma era sufficiente per fare nascere la discussione. “Ho detto basta. Perché me ne devi mettere ancora?”

(試訳)僕が生まれてから一番繰り返されてきたけんかのネタは、パパのお皿にどれだけの量を盛りつけるかということだ。パパは「もうそれで十分」と言うのだが、ママはもう一杯盛りつける。量自体にたいした差はないけど、口論のきっかけには十分な量だ。「もういいって言ったのに、なんでさらによそうんだ?」

Le parole che ho pronunciato dentro di me sono state: “Io, con questa, ci faccio almeno dieci figli”.
Siamo andati al ristorante cinese. Ero emozionato, veramente. Non sapevo nemmeno cosa ordinare. Lei guardava il menù, io guardavo lei. Poi si è spostata una ciuffo di capelli dietro un orecchio, e con quel gesto i bambini che volevo fare con lei sono diventati quindici.

(試訳)「彼女とだったらこどもは少なくとも10人になりそうだ」 それが心の中でつぶやいた言葉だった。
僕たちは中華レストランに行った。僕はほんとうに感激して、何を注文していいかも分からなかった。彼女はメニューをじっくり見ていて、僕は彼女を眺めていた。それから彼女は髪の毛を耳の後にかけた。その動作で僕が彼女との間にのぞむこどもの数は15に増えた。

これは言いたいことは分かるんだけど、うまく日本語にならず。

Facevo un lavoro che non mi piaceva per potermi permettere delle cose che compravo perché facevo un lavoro che non mi piaceva. Ero come l’ubriacone del Piccolo principe che beve per dimenticare che è un ubriacone.

(試訳)・・・・まるで 酔っぱらいということを忘れるためにお酒を飲む「星の王子さま」の酔っぱらいのようだ。

Annunci

2 thoughts on “E’ una vita che ti aspetto 読了

  1. 立て続けに原書読破ですね。
    「Il giorno in più」が良すぎてハードル上げちゃったっていうのは、私も同じ印象を別の作品を読んだ時に感じました。最近彼の最新刊が出たみたいですよ。「Il giorno in più」の後の作品だけに、多少は期待してしまうんですが、でもテーマがいつも似ているので、何冊も読むと飽きてくるかも??最新作『Il tempo che vorrei』は一応読んでみたいです(^^ゞ

    • mariaさん、こんばんは

      Fabio Voloの新作発表されたんですね。今ネットであらすじ読んでみました。”un viaggio alla ricerca di se stesso e dei suoi sentimenti”ってところが今までの作品に通じるものがあるような・・・。でも毎回毎回「大人になりきれない大人の話」ばっかり書いていたら成長ないなぁ〜って読者から飽きられちゃいますよね。
      ま、イタリア語学習者の私としては、教科書的でない、いまの空気を感じられる言葉とか表現が魅力的に思えて、ついつい読みたくなる作家です。
      mariaさんが前に読まれた作品un posto nel mondoも持っているので、近々私も挑戦しようと思います。

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...