Lo Zar è tornato

イタリアの新聞の和訳をやりました。ネタは旬は過ぎちゃいましたが、オリンピックのプルシェンコの話題です。

引用文で太字イタリックにしたlo Zar、il campioneなどはすべてプルシェンコのことを表している表現です。 他にもフルネームで記述、名字だけ、下の名前だけなどを使いわけて、イタリア語ってほんとに重複表現を避ける言語なんだなぁと思いました。また最初に彼のことを「皇帝 lo Zar」と称して、chiude al comando, il regno, l’ovazioneなど皇帝にからめた表現がちりばめられていました。

Lo Zar è tornato: Plushenko in testa

GLI AZZURRI: CONTESTI 14/MO, BACCHINI 20/MO

Il russo chiude al comando il programma corto del pattinaggio di figura davanti a Lysacek e Takahashi

皇帝の帰還、プルシェンコが首位。ショートプログラムを終えてライザチェック、高橋を上回る。

イタリア勢はコンテスティが14位、バッキーニが20位

VANCOUVER – Lo Zar di tutte le lame è venuto fino in Canada per riprendersi il regno che gli apparteneva. Sul ghiaccio di Vancouver, davanti al pubblico del Pacific Coliseum, Evgeni Plushenko dimostra di essere ancora il migliore. Il campione olimpico in carica, tornato alle gare dopo un lungo periodo di inattività proprio per puntare all’oro di Vancouver, chiude in testa il programma corto del pattinaggio di figura. Un’esibizione pressoché perfetta, la sua, nonostante il fuoriclasse russo sia stato costretto a esibirsi tra i pattinatori di rincalzo.

フィギュアの皇帝が称号奪還にカナダまでやって来た。バンクーバーのリンクの上に立ったプルシェンコは、パシフィック・コロシアムの観客の前で、世界の頂点にいるのはまだ自分だということを見せつけた。トリノの覇者が競技に復帰したのはオリンピック連覇のためで、ショート・プログラムを終えて現在首位。他の選手を圧倒するロシア王者だが、トリノ後長くリンクから遠ざかっていたため、上位選手のいない第二グループでの滑走となった。それでも彼の演技はほぼ完璧だった。

LA CLASSIFICA – Nonostante questo, Plushenko non delude: quadro e triplo toeloop, e poi triplo axel, triplo luz e una serie di trottole e passi ad effetto. Una piccola esitazione, poi l’ovazione del pubblico. Punteggio: 90.85, meno di quanto ottenuto agli europei di Tallin ma quanto basta per sistemarsi davanti allo statunitense e campione del mondo Evan Lysacek (90.30) e al giapponese Daisuke Takahashi (90.25) (tra gli azzurri Samuel Contesti è 14esimo con 70.60, Paolo Bacchini 20esimo con 64.42).

早めの滑走順になったが、彼は観客の期待に応えた。ジャンプは4回転ー3回転トーループのコンビネーション、トリプルアクセル、トリプルルッツを成功。スピン、ステップもミスなくこなした。観客ははじめこそ少し躊躇があったが、皇帝の帰還を喝采で迎えた。90.85の得点は、タリンの欧州選手権よりは低かったが、前世界選手権チャンピオンのアメリカのエヴァン・ライザチェック(90.30)、日本の高橋大輔(90.25)を押さえて首位に立った。イタリア勢はサミュエル・コンテスティが70.60で14位、パオロ・バッキーニが64.42で20位につけた。

«Senza il salto quadruplo il pattinaggio maschile non esiste – commenta Plushenko a fine gara – Ecco perché mi sono detto che dovevo tornare». L’oro già in tasca?: «Non ci penso, piuttosto penso ai miei salti e sono soddisfatto di come è andata. Io del resto sono già nella storia perché sono tornato». Il prossimo show di Evgeni è segnato in tabellone per giovedì 18 febbraio, alle 2 di notte ora italiana. Segnatevi l’orario.

「男子フィギュアに4回転は不可欠。自分が復帰しなければならないと言ったのは、それを証明するためだ。」と試合後、プルシェンコはコメントした。「金メダルはもう手中?」との質問には「そういうことは考えない。それよりもジャンプのことを考えている。今日の出来には満足している。オリンピックに戻ってきたことだけでも歴史的なことだ。」と語った。次にプルシェンコの演技が見られるのは2月18日、イタリア時間の深夜2時。お見逃しなく。

Annunci

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...