Secondo giorno, dopo vespri

「薔薇の名前」の要約(というか、メモ・読書記録程度のもの)を試みようと思ったものの、小説の第1日目(この小説は全7日間の物語)の部分はまったくメモを残していなかったので、まともなものが書けそうにありません^^; 順不同になってしまいますが、書けるところから着手しようと思います。

というわけで、今日は第2日目のDopo vespri(晩課のあと)の章です。

エーコが最初のNOTAでことわっているように、各章にはサブタイトルがついています。エーコはもっともらしく「このサブタイトルはアドソの筆によるものではなく、後年アドソの手記を書き写したものが付け足したものである」と記しています。

この章のサブタイトルはこう記されています。

dove, malgrado il capitolo sia breve, il vegliardo Alinardo dice cose assai interessante sul labirinto e sul modo di entrarvi.

(試訳)
「この章は短いが、老修道士アリナルドは迷宮について、そして迷宮にどうやって入るかについて非常に興味深い話をする」

 

pp.161-164

(要約)
アドソは夜、写字室への侵入に備えて仮眠をとる。その間グリエルモは写字室へ行く。二人目の被害者ベナンツィオの使っていた書見台の調査をしたいのだが、修道士たちが次々と話かけてきて近づけない。

Prima gli si era avvicinato Malachia, per mostrargli alcune miniature di pregio. Poi Bencio lo aveva tenuto occupato con pretesti di nessun valore. Dopo ancora, quando si era chinato per riprendere la sua ispezione, Berengario si era messo a girargli intorno offrendo la sua collaborazione.

(試訳)
まずマラキーアが値打ちのある細密画を見せに近づいてきた。それからベンチョが、取るに足らない口実を口にしてグリエルモの側を離れない。グリエルモが調査をしようと腰をかがめると、今度はベレンガーリオが協力を申し出にやってきて側をウロウロしはじめた。

グリエルモは夜、戻ってくればいいと判断し、強引にベナンツィオの書見台に近づくことはしない。

その後、アドソとグリエルモは回廊で老修道士アリナルドに出会う。彼はこの修道院で一番の長老。アリナルドは、一連の殺人事件はヨハネの黙示録をなぞるように起きていると言う。また図書館は迷宮構造になっており、入ることができても、出てくることはできないと言う。図書館への入り方も教えてくれた。彼の話によると、聖堂内の3つ目の礼拝堂の納骨堂でとある頭蓋骨の目の部分に触れると、入り口が現れるそうだ。

 

(単語)
【scriptorium】写字室【lume】灯り【cece】ヒヨコマメ【refettorio】食堂【ossario】納骨堂【teschio】頭蓋骨

 

Advertisements

3 thoughts on “Secondo giorno, dopo vespri

  1. abbiamo cominciato a leggere qualcosa sulla lingua giapponese … Magali è più brava di me! Non facciamo che ammirarti per la tua padronanza dell’italiano che è veramente dissimile dalla tua lingua madre! Brava, Helga e Magali

    • Cara Helga, Ganbatte!! (Forza! )
      Immagino che il primo ostacolo per apprendere il giapponese sia i nostri caratteri ma la pronuncia sia abbastanza facile per voi italiani.

      Magali come miagola?? Mia mia, così? I gatti giapponesi miagolano “nia nia”.

  2. Io conoscevo solo Ginzburg e De Carlo, mi vergogno un po’; però per me è difficile affrontare scrittori la cui attività abbracci la seconda metà del XX secolo.

    Ciao!

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...