Rossovermiglio 読了

【タイトル】Rossovermiglio
【著者】Benedetta Cibrario
【出版社】Feltrinelli
【ページ数】213
【日本語版】

イタリア語的に複雑な構文が使われているわけでははない(と思うの)ですが、ストーリーを追うのに苦労しました。

主人公の私(名前は最後まで明らかになりませんでした)は、今70-80歳くらい。シエナ近郊の田舎で暮らす彼女が、旧友を集めてパーティーを開こうと計画する「現在」の話と、1928年に18歳で結婚してから戦後を迎えるまでの「過去」の話が同時並行に語られます。が、それだけではなく、合間合間に先祖や親戚の話、彼女自身の子ども時代の話も織り交ぜられます。この場面転換に慣れなくて、読んでいる最中は常に、これってどの時代の話?と注意する必要がありました。

この混乱の原因は、多分私が時制をあまり意識して読んでいないからだと思います。mangioもmangiavoもho mangiatoも「食べる」ってことしか認識せずに読み進めてしまっている気がします。

加えて、この物語を楽しむためには時代背景を理解することは不可欠だと思うのですが、残念ながらそのあたりもきちんとできていません。とくに主人公一家は爵位を持っていたのですから、戦争や君主制から共和制への移行の持つ意味は重要だと思います。そのへんの読みの甘さもあって、主要人物の3人(主人公、その夫、主人公が恋に落ちる謎の男性)の気持ちを理解しきれず、ちょっと消化不良気味です。

戦争中のエピソードなどは興味深く読みました。数ヶ月前に読んだNatalia GinzburgのLe voci della seraも同時代を扱っている作品なので、貴族階級から見たものと、労働者階級から見た戦争とを読み比べるのも楽しいかもしれません。今回はそんな余裕なく読み終えてしまいましたが、それも含めて、 色々な真相、人間関係を知ったうえで、もう一度最初から読みたい気がしています。

Ho letto “Rossovermiglio” di Benedetta Cibrario.

Ho avuto difficoltà a seguire la trama anche se l’autrice non ha usato frasi complicate. L’io narrante, che oggi avrà settanta o ottanta anni, ha intenzione di organizzare una festa con gli vecchi amici a casa sua, in campagna nella provincia di Siena. Mentre racconta gli episodi di oggi, si ricorda dei tempi adolescenziali, del suo matrimonio, del fallimento della vita nuziale, di un incontro con un affascinante austriaco. Scrivendo due tempi parallelamente, inserisce anche gli episodi dei suoi amici, dei suoi parenti ecc. Questa struttura del romanzo mi ha messo in difficoltà per seguire bene la storia.

Perché mi è successo questo?  Forse perché non faccio attenzione ai tempi verbali. Prendo solo il significato “mangiare” dai verbi “mangio”, ”mangiavo”, “ho mangiato” “mangerei” ecc.

In più sarebbe importante comprendere meglio l’epoca della narrazione per gustare il romanzo. Il protagonista è di famiglia nobile, e sposa un certo conte, poi scoppia la seconda guerra mondiale dopo la quale l’Italia si trasforma da monarchia a repubblica(*1). Tutte queste vicende sicuramente lasciano non poche influenze ai personaggi. Ma purtroppo, ho poca preparazione sulla storia italiana, non sono riuscita a capire bene. Non ho potuto inquadrare bene i tre protagonisti, l’io narrante, suo marito e il suo amante.

Dopo aver letto fino all’ultima pagina, conoscendo tutte le relazioni dei protagonisti, mi viene voglia di leggere da capo.

*1 passareを使うと冠詞が必要。
passare dalla monarchia alla repubblica
trasformarsi da monarchia a repubblica

Annunci

5 thoughts on “Rossovermiglio 読了

  1. il tuo italiano fluisce sempre molto bene sia dal punto di vista grammaticale che stilistico. Complimenti a due mani e quattro zampe Helga e Magali

  2. もう読了されたんですね。さすが、早いです。

    確かに、この小説は時代背景とかその他の背景知識がないと鑑賞しきれない部分が多かったように思います。講読クラスの教材でなかったら、私はほとんど楽しめなかったでしょう。(^^ゞ

    • mariaさん
      いえいえ、この本二ヶ月近くかけてやっと読み終えました。前のページに戻ったりしながら読んだので、余計に登場人物の「現在の人」「過去の人」がゴチャゴチャになり大変でした。苦労して読んだのに、「オチはこれだけ?」感がしてしまい・・・きっと私の読みが甘いんだろうな〜と。

      • 私も一度目に読んだときには、かなり物足りないものを感じたので(最後のオチもかなり早い段階でバレバレだったし(^^ゞ)、その感想は良く分かります。でも多分、以前自分のブログでも書きましたが、二度目を読むと(と言っても直ぐには気が進まないでしょうけど(^^ゞ)かなり印象が変わる可能性のある作品だと思いますよ。私は二度目はまったく違う読後感でした。そのうち是非、もう一度読んでみてください♪

      • mariaさん
        イタリア語の本は1回目の読書ではストーリーを追うのに精一杯で、なかなか細部まで味わえません。だから2度3度読むと毎回新たな発見があるので、イタリア語だと再読が苦になりません。この作品もいつかわからないけど、再読しようと思います。

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...