定冠詞をともなって名詞化したpiù/meno

イタリア語音声の書き取りをしていて引っかかった表現。

Di storie strane in giro ce ne sono parecchie, soprattutto quando si parla di personaggi famosi e di morti misteriose. Si chiama dietrologia o teoria del complotto. Qualche volte ci prende e il più delle volte no.

(試訳)
奇妙な話というものは無数に存在する。特に有名人や謎の死にはつきものだ。これを陰謀論と呼ぶ。それが真実であることも時にはあるが、稀である。

上記文中のil piùの使い方がわからず、坂本文法をひも解きました。その解説と例文を引用します。

più/menoが定冠詞をつけて男性単数名詞として用いられると、それぞれ「大部分、いちばん大切な(難しい)部分」と「最小部分、最小の被害、いちばん易しい部分」などを意味する。

Si è fatto il più. (=la parte maggioreまたはla parte più difficile)
大部分は済んだ。
Il più è cominciare. (=la cosa più importante)
いちばん大切なことは始めることだ。
Questo è il meno che si possa fare. (=la minor cosa)
これはなし得る最小のことだ。
Chi ha fatto il più può fare il meno.
(ことわざ)難しいことができる人は易しいことはできる。

また、男性複数名詞としてのi piùとi menoはそれぞれ「大多数の人」「少数の人」を意味する。

I più tirano i meno.
(ことわざ)多数は少数を引き寄せる。
I più non approvano.
大多数の人々は承認していない。

イタリア語で書かれた文法書もいくつか探してみたけれど、この文法事項についての記述はみつかりませんでした。il piùを名詞として扱っている文を検索してみたけれど、il piùのあとに名詞が続く文ばかりがひっかかってしまい、そのものずばりの表現が見つからず^^;

(追記)
辞書でpiùを引いたら、ちゃんと名詞としてこの用法が出ていました。

1)大部分、最も大切なこと(もの)、最も難しいこと:Il più è fatto. 大部分は終わった。山は越えた。/ Il più è incominciare. 最初が肝心だ(最も難しい)。
2)(数学の)プラス符合、プラス
3) (定冠詞の複数形を伴って)大多数の人:I più hanno votato contro il governo.大多数が与党に反対の投票をした。

もちろんmenoの方にも。

1)最小のこと:Questo è il meno che si possa fare. (これがなし得る最小のことだ→)少なくともこれくらいのことはできる;これをやっただけでは十分ではない。
2)(数学の)マイナス符合
3) (定冠詞の複数形を伴って)少数の人々:I presenti erano i meno.出席者は少数だった。

 

Annunci

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...