Ladri in chiesa

アルベルト・モラヴィアの「Racconti Romani」という60の短編が収められた本からLadri in chiesaを読み、要約(riduzione)を書いてみました。イタリア語とあわせて日本語の要約も載せます。イタリア語も苦労したけど、日本語のほうも大変でした。

まだこの短編集からは”Ladri in chiesa”しか読んでいないけれど、コミカルでそれほど難解な表現がなく楽しく読みました(と言っても「言外」の意図するところまでは理解できていないと思います)。

モラヴィアは、イタリア人作家の中では、比較的多くの作品が翻訳されている作家だと思います。私はまだ読んでいませんが、彼の著書として「倦怠」と「無関心な人びと」があるということは知っていました。タイトルから退廃的で厭世的な世界を描くのが得意な作家なのかと勝手に想像していたので、この「Racconti Romani」のコミカルな雰囲気には意表をつかれました。

(日本語の要約)

僕は妻と3人の子どもとローマの洞穴で暮らしている。普段は日雇いの肉体労働をしているが、冬の到来とともに、仕事がみつからなくなってしまった。毎日街へ出て仕事を探すもみつからない。洞穴では、妻と3人の子どもがお腹を空かせてまっている。飢えた狼のような目をして。

ある日、近所の洞穴に住む老人がこんなことを行った。教会で金目のものを盗み、それを売ってはどうかと。

仕事も見つからず、どうにもいかなくなった僕はこの考えにのることにした。ただ、信心深い妻をどう説得すべきか。そこでこう言って聞かせた。「教会の中にあるものは、困った人を助けるためだ。これは盗みじゃない。困った人を助けるための行為だ。そして困った人とは、腹をすかしている僕たちだ」

僕は妻と二人でこの計画を実行にうつすことにした。ローマのとある教会に夜忍び込んだ。目当ての首飾りは、聖母マリアに捧げられた祭壇にある。信心深い妻は、祈りをささげている。そうしているうちに僕は熱もあって眠りにおちてしまった。しばらくして、聖具係と警備員に起こされた。僕はただ寝る場所を確保したくてここにいただけだと弁明したが、この首飾りは?と突きつけられ言い訳ができなくなった。

僕たちは警察に連行された。そこで妻は恐ろしげな声で叫んだ。「神に誓って私たちは罪人ではない。聖母マリアがこの首飾りを我々に与えたのだ。奇跡を前にひざまずけ!」と。気が狂ってしまったと思われた妻は医務室へと連れていかれた。妻は本当に気が狂ってしまったのか。そうだとしたら、それも悪くない。この悲惨な状況に苦しむこともなく自分の都合のよいように物事をみるようになるだろう。もし妻の言うことが真実だとしたら、僕も聖母マリアが首飾りを手渡してくれる場面を見たかったものだ。

Riduzione di “Ladri in chiesa” in italiano

Io abito in una grotta con mia moglie e tre figli. Sono bracciante e lavoro anche negli sterri. Ma con l’arrivo dell’inverno, diventa sempre difficile trovare lavoro. Ogni volta che torno a casa trovo mia moglie e i miei figli con gli occhi affamati come lupi.

Un giorno un vecchio che abita in un’altra grotta mi consiglia di rubare qualche gioiello in chiesa e poi di rivenderlo. Dalla disperazione, decido di seguire il suo consiglio ma mia moglie è molto religiosa, non è facile convincerla. Dopo aver pensato ad una buona scusa le spiego che ciò che c’è  dentro la chiesa esiste per fare bene ai poveri. Non è che faccio il ladro, ma lo faccio per fare bene ai poveri. E noi? Siamo poveri e affamati.

Io e mia moglie così scendiamo in città e riusciamo a nasconderci in una chiesa di notte. Abbiamo trovato un gioiello da prendere in una cappella dedicata alla Madonna; si tratta di una collana. Essendo religiosa mia moglie non dimentica di pregare devotamente e intanto io, avendo la febbre, mi addormento.

Ad un certo punto qualcuno mi scuote la spalla, sono il sagrestano e le guardie. Gli spiego che eravamo qui solo per dormire. Ma mi chiede cosa significa la collana nelle mani di mia moglie. Il nostro furto viene scoperto e ci porta in commissariato. Mia moglie con una voce orrenda, come non ho mai sentito, grida, “Davanti a Dio non siamo colpevoli. La Madonna ci ha dato la collana. Inginocchiatevi davanti al miracolo”.

Naturalmente è un gesto folle.  La portano in infermeria. Il commissario mi chiede se mia moglie è sempre stata così folle o no. Magari  lo fosse davvero. Una matta avrebbe visto le cose come desidera. Mi dico, però, che se mia moglie avesse detto la verità, mi dispiace tanto di non aver potuto vedere il miracolo.

Annunci

One thought on “Ladri in chiesa

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...