Neanche

再びIl Ghost Writerからの気になる表現。

“Amelia Bly” disse con un sorriso gelido. Doveva essere sui quarantacinque, ma da lontano le si potevano dare dieci anni di meno. Aveva begli occhi, grandi e azzurri, ma era eccessivamente truccata, neanche lavorasse al banco cosmetici di un grande magazzino e fosse stata costretta a fare una dimostrazione di tutti i prodotti contemporaneamente.

 P.62 Il Ghost Writer / Robert Harris

(試訳)
「アメリア・ブリー」と彼女は冷たい微笑を浮かべて言った。年齢は45歳くらいだろうが、遠くからは10歳は若く見えた。大きな青い瞳が印象的だったが、化粧はやりすぎだ。デパートの化粧品売り場で、同時に全ての商品のデモンストレーションを試すことを義務づけられた販売員でもないのに。

このneancheの使い方は、小学館の緑の辞書(私の持っているのは第1版)には載っていませんでした。白水社の新しい辞書「il Primo」には下記の説明がありました。

【neanche】
(口語的用法)(~+接続法)・・・してもいないのに、まるで・・・したとでもいうように
(例文)Lucia conosce tanto di lui neanche l’avesse incontrato.
ルチーアは彼に会ったわけでもないのに彼のことをよく知っている。

それから、”le si potevano dare dieci anni di meno”のsiの使い方。 受け身のsiはこういうふうにも使うのかと、勉強になります。

分解すると、「le(彼女には)、si(人は)、potevano dare(与えることができた)、dieci anni di meno(10歳下の年齢を)」という感じのはず。

Advertisements

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...