con la D maiuscola

今イタリア語で読んでいるモンタルバーノシリーズのLa gita a Tindariで”con la D maiuscola”の表現で出てきたのでメモ。

Fu allora che il Diavolo, quello con la “D” maiuscola, si materializzò allato a Montalbano. Invisibile a tutti, tranne che al commissario, indossava il costume tradizionale, pelle pilusa, pedi caprigni, coda, corna corte. Il commissario ne sentì l’alito infocato e surfaroso abbrusciargli l’orecchia sinistra.

“Falli conoscere meglio” ordinò il Diavolo.
E Montalbano s’inchinò al Suo Volere.

P.75 La gita a Tindari / Andrea Camilleri

(試訳)
その時、モンタルバーノのすぐ傍らに悪魔が現れた。悪魔の姿は彼以外には見えていない。伝統的な衣服をまとい、毛むくじゃらの皮膚、足の指はヤギのそれ、尻尾、そして短い角のある誰もが知っているあの悪魔だ。悪魔の熱く、硫黄臭い息づかいに左耳が火傷する思いをした。

「二人を知り合わせてあげよ」悪魔は命じた。
モンタルバーノは悪魔の司令に深々とお辞儀をした。

引用した場面は、Montalbanoがとある女性とレストランで昼食中のところを彼の同僚のMimìが通りかかったところ。Mimìが一目でこの女性に恋に落ちたことを察したMontalbanoは、二人を親しくさせようと謀る。というのも、Mimìはパヴィーアに住む女性との結婚のためにシチリアを離れる決意をしていたので、それを阻止しようとして。

今回の作品はMontalbanoとMimìの間のバディ感、MontalbanoのMimìに対するツンデレっぷりにクスっとしてしまう場面がいっぱいです。

この”maiuscola”の表現、AからZまでコレクションしたくなってきました。

con la C maiuscola
con la R maiuscola

Annunci

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...